イヤな状況を変えるためのコツは…本当にイヤだと思うこと!

僕が、心の病・ひきこもりの苦しい状況から回復してこれた理由を、色々と考えていました。その理由をひとことで言ってしまうと、この状況がイヤだ!と本気で思ったから、だと思い至りました。詳しくご説明しますね。

今から12年前の19歳の時、統合失調症と診断されて、大学受験の勉強も中断し、ほぼ寝たきりの状態となりました。病院に行き、たくさんの薬を処方されたので、頭も働かず何もできない状態でした。

現状のことを考えても将来のことを考えても、絶望的としか言えない状態だったのです。この状態を抜け出す方法は、普通に考えると、なにもありませんでした。統合失調症と一度診断されてしまうと、一生涯この病名のまま、薬を飲んでいかなければならないのが普通です。

でもこのまま働くこともできずに、病気のまま一生を過ごすという未来しかないのはイヤだと思ったのです。働いて収入を得たいし、健康にもなりたいと思いました。病気から元気になって、元気になる方法をたくさんの人に、伝えられるようになりたいと思いました。

実現する可能性が少ないとしても、本当にそうなりたいと心底思いました。そう思いながらワラにもすがる思いで、本を少しづつ読んでいきました。コツコツと読み、コツコツと学んだことを実践することで、本当に地道に健康を取り戻していくことができました。

そして健康になった時に、大きな財産を手に入れることができました。自分が元気になるまでに実践してきたこと、読んだ本、学んだ知識、それらをお伝えすることができるようになったのです。

ブログの上部のメニューにある「当ブログについて」のページに貼ってある、youtube動画のような講演を時々させてもらえる機会にも恵まれています。多くの人に支えてもらい、多くの人とのつながりを得ることもできました。

絶望的な状況にあったのがウソのように、とても恵まれた状況へと変わることができました。人は本気で変わりたいと思えば、人生を変えることができます。ただ、本気にならなければ変えることはできないと思います。

本当につらい、本当に困ったと思ったときほど、実はチャンスなのかもしれません。本当にイヤだと思うからこそ、人は本気で自分の考え方や行動を変えることができるのです。

だからもし、今本当につらい状況にある人がこの文章を読んでいるとしたら、どうか諦めないでください。そしてほんの小さな行動でいいから、何かをしてみてください。1日1ミリの動きでいいですし、焼け石に水に思えることでもいいのです。

何でも思ったことを試してみてください。あがいてあがいてもがいた先には、明るい光が必ず見えてくると思います。僕はそう信じています。そう信じて、これからも一歩一歩自分の足で自分の人生を歩いていきたいと思っています。

今日は今までと記事の雰囲気が違ったかな(汗)でも、今の僕の思いを書いてみました。今日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加