「原因と結果の法則」を受け入れる

この世の中には、自分のしたことが自分に返ってくる
原因と結果の法則があると僕は思っています。

原因と結果の法則については
ジェームズ・アレン著「原因と結果の法則」をはじめ、
様々な本の中で語られています。

その法則のことを最初知った時は
僕も半信半疑でした。

それにその法則を受け入れるということは
自分が受験や人間関係がうまくいかず

その上統合失調症になりひきこもってしまった原因が
すべて自分にあるということを
受け入れることだったからです。

ただでさえ不幸な状況なのに、
その不幸の責任を自分で引き受けるなんて、
とてもできない!とはじめは思いました。

自分が不幸になった責任は自分のせいではなくて、
他の誰かや何かのせいにしたほうが
楽だと感じたからです。

しかし逆にいうと、この法則を受け入れることは
自分が良いことをしさえすれば、良いことが返ってくることを
信じるということでもあります。

統合失調症やひきこもりを不可抗力の不幸とみなせば
自分に打つ手はありません。

ただただ不幸の嵐が去るのを待ち
受け身の姿勢でいるしかありません。

でも現実で起こることは
すべて自分が引き寄せたとするのならば

どんな不幸であっても、
自分の力ではねのけることができます。

さらに、どんな状況からでも自分次第で
幸せになることもできるということでもあります。

僕はその可能性にかけました。
半信半疑だったし、受け入れがたいことでもあったけれど

自分の人生の責任を自分で取る覚悟を決めて
自分でできることを少しずつしていきました。

そしてまず最初にしたのは
口に出す言葉を変えることからでした。

その行動の成果が現在の元気で絶好調の状態として
実ったのだと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. […] 前回の投稿での話題 原因と結果の法則にもつながることですが […]